読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

klarer-himmel13's diary

(旧)図書館の中では走らないでください!から

CRIS (Current Research Information System)

英語 調べてみました

気になったキーワードを調べる短記事シリーズ。

CRIS (Current Research Information System)について、なんとなく「研究者情報データベースでかつ、色々とできるもの」というぼんやりとした理解しかしていなかったので、あらためて文献を読み直してみた。

英語版のWikipediaによると

A current research information system (CRIS) is a database or other information system to store and manage data about research conducted at an institution


Current research information system - Wikipedia

現役の各研究者の業績、その他の情報を収集・管理するためツール、と定義してある。
カレントアウェアネス・ポータルで確認できたなかで初登場は2013年。

Elsevier社がニュースレターで研究データ管理特集 | カレントアウェアネス・ポータル

機関リポジトリとの相互運用性の文脈で語られることが多いなという印象。相互運用には程遠かったけど、機関リポジトリの担当だった頃(2010-2011)に自学の研究者DBにリポジトリへのリンクを貼っていたなぁというぼんやりとした思い出。
その後も、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)とeuroCRISCRISの提携、と機関リポジトリは両輪のような展開を遂げ、2017.2.11現在のカレントで確認できた最新記事(2016.4のもの)も

E1791 - 欧州におけるCRISと機関リポジトリの連携の現状 | カレントアウェアネス・ポータル


ところで「Current Research Information System」とGoogleで検索した時に、最初にランクしているのがWikipediaの記事ではあるが、何個か下にFree UKSG webinarもヒットする。

www.slideshare.net

ここを読むと「Wikipediaでは物足りない!」と。スライドを私が理解できた範囲ではキーワードは「Integration」なのかと感じた。スライド中に何度もこの単語は登場する。研究情報は研究者自身の履歴書であり、業績であり同時にその研究分野や大学そのものの履歴書かつ業績でもある。そしてこのさまざまな研究情報を統合したり、かつ機関リポジトリやORCIDなどの他のシステムと連携することで、CRISがユーザの価値を高めていく。ここでの価値とは、研究者のマッチングや業績評価のための分析として有用であるという意味である。

CRISの必要性について、euroCRISのAboutに詳細に記されている。

Why does one need a CRIS? | euroCRIS

いくつかの文献によると、CRISは1960年代に研究管理のために登場*1*2とあった。

1980年代にはプロトタイプシステムでCRISの相互運用が始まり、それが後にCERIF (Common European Research Information Format)へと発展した。CERIFが何かのかというとうまく説明できないが、どうやらCRISの相互運用性を技術的に担保するモデル、のようだ。2002年、CERIFの開発・管理のためにeuroCRISが登場し、この年から毎年、Conferences on Current Research Information Systemが開催されている。

euroCRISのように非営利組織によるCRISもあればElsevierのPureのような製品も存在する。

www.elsevier.com

Pureの導入大学を見ていると「Research information system (RIS)」という表記を見かけることがあり、Currentの有無はどこで別れるのだろう?と不思議だった。そして今も解決していない…

Wageningen UR replaces Metis with Pure - WUR

*1:Jeffery, K. G., A. Asserson, and D. Luzi. "State of the Art and Roadmap for Current Research Information Systems and Repositories. euroCRIS White Paper." (2010). http://www.irpps.cnr.it/it/system/files/PositionPaperRoadMap20100610.doc

*2:Scholze, Frank, and Jan Maier. "Establishing a research information system as part of an integrated approach to information management: best practice at the Karlsruhe Institute of Technology (KIT)." Liber Quarterly 21.2 (2012). http://doi.org/10.18352/lq.8019

学術コミュニケーションと大学図書館の予想される未来(第18回図書館総合展)

日時:2016年11月09日 (水)
場所:パシフィコ横浜
登壇者:
Neil Jacobs(JISC)
深貝保則 (横浜国立大学教授)
コーディネーター :
佐藤義則 東北学院大学教授
土屋 俊 大学改革支援・学位授与機構教授

www.libraryfair.jp

そのうちに資料などがアップされるであろうから、簡単にメモしておく。

7年ぶり2度目の図書館総合展。別の仕事が入っており、途中下車をしてきた。滞在時間4時間だったので、資料が欲しかった業者さんのブースと、自分のところのポスターを見て、フォーラムに参加してあっという間だった。

到着して早々に久しぶりな方にお会い出来たり、メールを通じてさんざんお世話になった人に偶然にもご挨拶できたり、たまたま隣に座った方が同じ某事業に参加する人だったり。

フォーラムを聞いて感じたことを3つ。

  1. offsettingってはじめて知った
  2. プラットフォーム合戦がOAの世界にも起こっている(より強力なプラットフォームを持ったところが勝ち)のか?
  3. 「信頼(trust)」ということ

順を追ってメモを書き出しておく。
最初に佐藤先生からRichard Poynderに代わって、彼のクリフォード・リンチとの対談記事について紹介された。

poynder.blogspot.jp

各見出しはこのようになっている。

  • Disappointment
  • Conundrum
  • Where next?
  • Resistance
  • Third-time lucky
  • The interview with Clifford Lynch


「Disappointment(失望)」からはじまって、どういうことだろう?と思っていたが、失望というのはOMI-PMHもIR(機関リポジトリ)も、当初のその目的を達成することができなかったということらしい。それはコンテンツのarticleの割合が増えないことなどが挙げられる。IRの目的や意義について様々な人が言及している。たとえばリンチが2003年時点ですでに、通常の出版で扱わないもの(研究データなど)に言及した一方で、IRを新たな学重情報流通の中核を担うものとして期待する声もあった。しかしながら、IRは出版のオルタナティブになりえなかった。さらに巨大なゴールドOAの登場、AtyponをWileyが、SSRNをElsevierが買収、Elsevierとフロリダ大学がIRについてパートナーシップを結ぶことに成功、という新たな局面も迎えている。

出版社にとってグリーンOAやIRって儲かるもの(というと語弊があるが)なんだ!?というのが最初の感想、すこし時間がたってプラットフォームは大事だから、どう主導権を握るのかというのは鍵になるのだろうか?というのが今の感想。

ぼんやりと、先日テレビでみた番組を思い出していた。ここで登場する企業は特殊すぎるけど。

日本の場合は言語の問題や紀要などが、違う要因として組み込まれるのかなぁと。そもそも日本語コンテンツの相対的な重要度も変化していくだろうし。

個人的には全文クロールとメタデータについて興味を惹かれた。OAI-PMHがメタデータのみをハーベストしていたのは、容量もしくは技術的な問題だったのだろうか?メタデータと全文に重要度などの差をつけると面白そうだなぁと思った。

つづいて、Neil Jacobs氏の講演。通訳、お疲れ様でした。個人的な話だが「あの時の話がここに繋がった」わかりやすく聞けました。
イギリスのOA(セルフアーカイブ含む)を推し進める最大の要因は、助成団体のポリシー、これにつきると思う。主要な団体としてRCUKとHEFCEがあり、それぞれが助成する基準としてOAを謳っている。RCUKはGOld推し、HEFCEはGreen推しという違いはあれどOAポリシーが研究者のOAを促進している。助成団体のみならず各機関や大学もOAポリシーをもっていることが多く、JISCはそれぞれのポリシーやOAを進める上でのワークフローに齟齬がでないようなサービスを提供している。

www.jisc.ac.uk

この度のフォーラムではじめてoffsettingを知った。これはつまり、購読+APCをセットで支払うというもの。たとえば、Springer Compactがこれに該当する。

Offsetting models: update on the Springer Compact deal | Jisc scholarly communications

これでコストが減る理由がピンときていないのだけど、ハイブリッド誌において、購読とAPCをバラバラ払う(しかもAPCは著者からそれぞれ支払う)よりも電子リソース周りのコストが把握しやすくなる⇒それによる合理化?という理解をしている。
JISCとしてはこのoffsettingを過渡期として推進することで、コスト削減を目指しているよう。offsettingにおける原則のなかで「バウチャーではなくキャッシュで」という点が挙げられており、講演後になぜですか?とNeilさんにお聞きすると「バウチャーは期限があるから」という回答をいただいた。その時は「あーなるほど」と思っていたが、期限がなければOKな話なのかな?という新たな疑問も。通貨(キャッシュ)以外にコストを計算する要因は少ないようがいいからなのかな。(バウチャー管理はそれはそれで大変そう)

後半は研究データについて。FAIRというフレームワークにのっとり、英国におけるポリシーが策定されている。

www.jisc.ac.uk

さらに

ec.europa.eu

ポリシーにつづいて、研究データおよびオープンサイエンスに関する実装(implementation)について紹介された。
ポリシーがその底辺を支えるものとして、計画から引用までを網羅する図が示された。

Jisc RDM shared service pilot

お話のなかで何度が「trust」という単語が出てきた(たぶん)。信頼できるリポジトリ、信頼できるデータを担保するために、それらのコンテンツがどういう背景で作成され、収集され、公開されたのかを示す必要があるという。そのためのポリシーであり、フレームワークであり、スキーマであり…等々。信頼性というのは科学の営みそのものであり(という理解)、それを担保するためにここまでの枠組みを用意する必要があるのだなぁ…と。

Serials Price Projections for 2017

文献紹介 英語

ここ最近は、腑抜け状態になっているのでリハビリ代わりにこれを書いている。電子ジャーナルのコストの話から「これを読んだらいいよ」とおすすめされたものをようやく読んだ。

Subscription Services | 2017 Serial Price Projections | EBSCO

EBSCO Information Servicesが発表しているJournal価格の世界的動向についての報告。4ページ弱という短い文章なので、紹介も何もないのですが…

まずは、2017年は5-6%ほど価格が上昇するとのこと。これは契約担当だったらお馴染みかもしれないが…
つづいて、市場動向について、アメリカドルとアメリカ経済の支配力の拡大に伴い、アメリカとそれ以外において格差が生まれていると言う。オーストラリアドル、ポンド、カナダドル、ユーロ、ニュージーランドドル南アフリカ、米国ドルについて、対USドル、ポンド、ユーロ別の価格上昇率が一覧されているが、特にポンドの上昇率が目立っている。それにはイギリスのEU脱退が影響しているという指摘も。

図書館系の文献、特に英語の文献を読むときは、ついつい、細部が気になって入り込んでいくように文献を探していく傾向にあるのだけど、これを手にとって「そうだ。政治経済と言う大枠を忘れていた」ということを思い出した。政治経済というより、我々が位置している枠組みの把握というのか。

おもしろいと思った箇所として、卵とバスケットの比喩を紹介する。
出版社の倒産と統合、財政不安と予算削減、その結果として図書館は「安全なバスケット(出版社)に大部分の卵(ジャーナル)を入れよう」という傾向が強まっているという指摘だった。安全なバスケットというのは財務上の安定ということ。この文献を紹介してもらったライブラリアンが働く大学では、4つ契約していた電子ブックのアグリゲータを精査(コンテンツ、利用統計、価格…など)した結果、1つに絞ることで経費削減に成功したそうだ。この傾向は、出版社だけでなく書店も同様に(私の知る限り、お取引する書店はどんどん少なくなっている)より強くなるのかのもしれない。

GOAジャーナルを刊行していないためか、OAジャーナルについて1段落ほど簡単に指摘がされている。GOAジャーナルは出版モデルのオルタナティブとして新しいビジネスモデルを牽引する一方、学術情報コスト削減にはあまり寄与していないということ。

e-resource usage analysis and statistics

気になったキーワードを調べる短記事シリーズ。
表題はキーワードではなくテーマです。

利用統計のためのアグリゲーション・ポータルにはどんなものがあるのかをまとめてみた。
新たなものが分かり次第、随時、追加するつもり。

参考にしたもの

Report on JUSP, KB+ and Intota Assessment – JISC HIKE Project
JISC HIKE Projectが、2015年6月に発表した、JUSP・KB+(の統計機能)・Intota Assessmentをレビューしたもの

E-resource usage statistics - ulms-analytics - CSU Library Spaces
2016年6月の記事。Colorado State Universityのライブラリアンたちの情報ウィキ(なのかな?)

Alma

Intota™ Assessment

  • http://www.proquest.com/products-services/intota-assessment.html 
  • ProQuest社
  • レビューによると「CPU(Cost per Use)」という項目が評価されている
  • しかしながら、ベンダーの壁という点でナレッジベースに若干の弱点あり(ProQuest製品以外が弱い)
  • 先行する360 CounterをEMSに組み込むかたち?
  • 冊子・電子・ILL、OA等も含む

LibAnalytics

JUSP

KB+

  • https://www.kbplus.ac.uk/kbplus
  • JISC Collections
  • JR1、JR1-JR1a、JR1GOA、JR1aが取得可能
  • レビューいわく、ここにJUSPの機能をまとめろという
    • AlmaやIntota™ Assessmentを考えるとそれもそうだ

WorldShare Management Services

IRUS-UK

  • http://irus.mimas.ac.uk/
  • JISC
  • 機関リポジトリの利用統計
  • これまでと毛色が異なるが、論文ごとにアクセス数が取れるということだろうか?
    • 近いところにいるJUSPはたしかタイトルレベルまでしかとれなかった…はず(うろ覚え)

Standardized Usage Statistics Harvesting Initiative (SUSHI)

調べてみました

気になるキーワードを調べる短記事シリーズ。もうちょっと続く。

Standardized Usage Statistics Harvesting Initiative (SUSHI)とは、米国情報標準化機構(NISO)のイニシアティブのひとつであり、COUNTER準拠の利用統計データを自動的にローカル・システムに取得できるプロトコル*1で、電子情報の利用統計データを自動的に収集するモデルを定義する。(ANSI/NISO Z39.93-2014)

Standardized Usage Statistics Harvesting Initiative (SUSHI) - National Information Standards Organization

最新版は、version 1.7(2014)で、昨年の1月にも改定されている。

NISO、SUSHIプロトコルを改訂 | カレントアウェアネス・ポータル


ちなみに『薬学図書館』を公開している、J-STAGEは数少ないCOUNTER準拠の日本語コンテンツである。

www.jstage.jst.go.jp

COUNTERは利用統計そのもの標準で、SUSHIはそれをネットワークを通じてローカルにダウンロードするときのプロトコル。COUNTER準拠の利用統計の取得が念頭に置かれているが、COUNTER準拠でないデータも対象範囲である。

このプロトコルは、出版社が標準フォーマット(COUNTER XML)で利用統計を提供するよう求める*2


ところで、先月に行われた電子書籍の利用統計についてのフォーラムの報告書「JUSP ebook discussion forum report」によると、最後に「XML does not match the SUSHI schema」という記述があった。これはどういうことなのだろう?XMLとSUSHI schemaが一致していない???

SUSHIのサイトに行って「About SUSHI Schemas」を読むと

SUSHI/COUNTER Schemas - National Information Standards Organization

SUSHIには3つのスキーマがあり、SUSHI Core Schema、COUNTER-SUSHI Schema、COUNTER reports schemaが存在する。まず、COUNTER reports schema はXML形式のCOUNTERレポートを作成する。

The two schemas with "sushi" in their name are basically retrieval envelopes for the XML-formatted COUNTER reports. The COUNTER XML schemas can be used separately from SUSHI by anyone who wants the reports in XML formats.

SUSHI Core Schemaは、互換性のあるXML形式の利用統計レポートを取得するよう一般化される(is generalized)。

The core SUSHI schema is generalized to retrieve any compatible XML formatted usage statistics reports.

COUNTER-SUSHI schemaは、core SUSHI schemaとともに、検索しに行く利用統計レポートがCOUNTERレポートであった場合に利用される。最新のCOUNTER準拠のXML形式の利用統計レポートのスキーマに一致するようにアップデートされる。COUNTERの実務指針のバージョンごとに、別々のスキーマが必要になる。

This schema is used with the core SUSHI schema if the usage reports to be retrieved are COUNTER reports. This schema is updated to match the most current version of the COUNTER XML reports schema and thus may have a higher version number than the core SUSHI schema. Each release of the COUNTER Code of Practice will require separate schemas.

XMLとSUSHI schemaが一致しない、というのは別々のスキーマ(separate schemas)が必要、ということなのだろうか…?つまりCOUNTERのバージョンによって、求められるCOUNTER-SUSHI schemaとcore SUSHI schemaが異なるということなのだろうか…?

翻訳の問題と、SUSHIに対する理解度の問題で、少しまだぼんやりとしている。

*1:伊藤 裕之「SUSHI (Standardized Usage Statistics Harvesting Initiative)」薬学図書館, 52(3) http://doi.org/10.11291/jpla1956.52.270

*2:William Hoffman「規格は利用統計の解読に役立つ」Standards: Standards help decode usage statistics http://www.openaccessjapan.com/resources/literature/-Standards%20help%20decode.pdf

Electronic resource management

調べてみました

気になるキーワードを調べる短記事シリーズ。

個人的な記憶だが、Electronic resource managementという単語を最初に聞いたのは、NIIによるERMSの実証実験だったような気がする。

www.nii.ac.jp

その後、勤め先でERMSを触る機会もなく、また全国にどんどん広がっているという話もあまり耳にせず(いくつかの大学では導入されているものの)、気になるような忘れかけていた。

昨日の記事の参考文献でもある「Electronic Resource Management Handbook」をざざっと見ていると、Electronic resource managementとはどんなものを含んでいるのか、がなんとなく見える(ような見えないような…)

www.uksg.org


そんな中で最近、第14回これからの学術情報システム構築検討委員会の議事録と配布資料を読んだ。

www.nii.ac.jp

配布資料には、何箇所か「ERM」についての言及がある。それによると、コンソーシアム版のERMの導入を検証するようである。単独で導入している機関はあるが単独導入できない機関でも、電子リソースの管理業務の合理化を図ることが狙いらしい。ただし、全国みんなで同じコンソ版を使う方向にするのではなく、(今現在)無いところでも使い物になるのか、というのが検証の要点。

コンソーシアムで購入していないパッケージのことをどこまで検討に入れるのか(管理する対象を広くすると仕様書が大変そう)等々、気になることも多く、今後の動向を追っていきたいと思う。

気になった話題その2。それでは商用ERMとコンソーシアム版はどう違うのか、まだぼやっとした理解しかないのだけど、コンソーシアムで電子リソースを購読しているのでそれらを管理(し、評価する)ツールは必要になるのだろう。そのためコンソーシアム(というかナショナルな)ERMが登場する。い一例として、英国のOpen Universityの事例報告を読んだ。

www.eventbrite.co.uk

スライド資料は以下より。

Events and Training :: Jisc Usage Statistics Portal

Open University*1は22スライド目から。Open Universityは2014年から、JUSPのデータをUStat(ExLibrisの統計ツール)に投入して分析をしているらしい。つまり、JUSP(ナショナルな統計管理サービス)のデータを、商用統計管理ツールで管理しているという。コンソーシアム版と商用版は使い分けがされているのだなということが垣間見えた。また、同大学では2015年からAlmaを実装を開始したそうだ。Almaとは冊子・電子などの媒体を問わず、図書館が扱う情報資料を単一のプラットフォームで管理する「次世代図書館サービスフレームワーク」らしい。*2*3*4


www.exlibrisgroup.com


現段階で分かる範囲をまとめてみた。

メーカー Ex Libris→ProQuest ProQuest EBSCO OCLC
ナレッジベース SFX KnowledgeBase Knowledge Works EBSCO Integrated Knowledge Base WorldCat Knowledge Base
Discovery Service Primo Summon EBSCO Discovery Service WorldCat Discovery Services
ERM Verde*5、Alma*6 360 Resource Manager ERM Essentials WorldShare License Manager

表のもとになったのは、2012年の図書館総合展の伊藤民雄さんの発表資料。

2012.libraryfair.jp

この表をアップデートさせるつもりだったが、買収があったり、Almaをどこに位置づけるべきか悩んだり、Electronic resource managementという概念もアップデートされているのかもしれない。このあたりをもう少し、整理したい。

*1:話はそれるがこの大学は面白そうだと思う。放送大学のモデルになった大学のようで、訪問してみたいと思いつつ、立地面から難しいそうだなぁと。難しかった。

*2:「Almaの近況」ユサコニュース 第248号 http://www.usaco.co.jp/itemview/template44_3_8562.html

*3:図書館システムベンダとユーザ会の共存―IGeLU大会<報告>カレントアウェアネス http://current.ndl.go.jp/e1489

*4:伊藤裕之「次世代型図書館業務管理システム「Alma」」薬学図書館 57(4) 

*5:2016.8.16追加。コメントよりVerdeの開発は終了しているそうなので二重線を入れた。

*6:Almaは図書館システム、ERMS、リゾルバを組み合わせたものなので正確にはここではない

SCONUL returnについてのメモ

調べてみました 英語

いくつか気になるキーワードを調べる短め記事シリーズ。
前回がCOUNTERを概観したので、今回はSCONULreturn。

Society of College, National and University Libraries (SCONUL)は、英国・アイルランドの国立大学および国立高等教育機関図書館協会。

SCONUL | Society of College, National and University Libraries

そのSCONULに各大学(機関)が年に一回、報告しているのがSCONUL return。SCONULへの報告として、2004-5年から(2003-4年について遡って)電子情報資源の利用統計についての質問が追加された。*1

邦訳があったので(ありがたい)それを参照する。ちなみに原文へのリンクは切れている。

邦訳:SCONUL 加盟館の電子情報資源(e-Resources):統計が私たちに教えるもの

www.openaccessjapan.com

これによると、論文フルテキスト要求(Full-text Article Requests)と、電子ブックのアクセス数( E-book Accesses)という 「電子尺度」が追加された。これは、2003-5年にかけて行われた、「電子尺度プロジェクト(e-measures project)」の調査結果にもとづいている。電子尺度プロジェクトとは、

2003年から 2005 年にかけて HEFCE-funded Libraries: Outcomes and Measuresproject.の一部として中央イングランド大学のエビデンス・ベースが25の大学図書館と共に行なったプロジェクト。図書館の意思決定と利用者支援に援助し、電子情報サービス用の最新の一連の統計指標と尺度を開発し、SCOUNL と共同で電子情報サービス用の標準的なパフォーマンス指標として、高等教育図書館セクターでテストし、修正し、展開することを目的としていた。
http://www.ebase.uce.ac.uk/emeasures/emeasures

HEFCE(Higher Education Funding Council)とは、英国の高等教育機関への基盤的な経費を配分機関である。英国にはこのような助成機関がいくつか存在する。主たるものがRCUK(Research Counsils UK)とHEFCE。ほとんどが競争的配分であり、前年度の評価に基づいて各部局ごとに交付されるのが基本らしい。

電子尺度プロジェクト(e-measures project)とはCOUNTERとも関係する。COUNTERは2002年に設立されている。COUNTERの存在が彼らのプロジェクトを促進させるようであり、またCOUNTERに一致するようにも進められた*2

報告書でも指摘されているが、出版社やアグリゲータによって入手できる数値が異なっている、そもそもデータが入手できないという問題点も指摘されていた。
現在、SCONULreturnへはどのような統計データを報告しているかというと、JUSP上で専用のメニューとして用意されている。

jusp.mimas.ac.uk

報告用に学年暦であらかじめ期間がセットされ、COUNTER JR1に準拠したフルテキスト要求数がダウンロード可能。CSVでダウンロード可、JUSPにない出版社分はJR1形式で追加することで、SCONUL return用に簡単に編集できる、らしい。アグリゲータ系(ingentaconnect (Publishing Technology), SwetsWise and Ebsco EJS)は別メニュー。

*1:Conyers, Angela. e-Resources in SCONUL member libraries: what the statistics tell us. SCONUL Focus, No.36, Winter 2005, p.65-67.

*2:Conyers, Angela. "Usage statistics and online behaviour." Electronic Resource Management Handbook (2006) http://dx.doi.org/10.1629/9552448-0-3.2.1