読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

klarer-himmel13's diary

(旧)図書館の中では走らないでください!から

COUNTER Code of Practice Release 5 Draft

かえってきた気になったことを調べる短記事シリーズ。2017年1月付でCOUNTER Code of Practice Release 5(以下、Release5)のドラフト版が公開された。docs.google.comCOUNTER実務指針第5版草案公開 フィードバック受け付け中 | カレントアウェアネス・ポー…

「日本目録規則(NCR)2018年版」(仮称)関西検討集会

日時:2017年3月5日 12:30-16:30 会場:大阪市立中央図書館 5階大会議室 内容: NCR2018年版の概要(渡邉隆広 目録委員長) 条文案各章の概要 体現形・個別資料の属性(野美山千重子委員 トーハン図書館事業部) 著作・体現形の属性とアクセスポイント(木下…

Free UKSG webinar - COUNTER for Librarians

UKSG(United Kingdom Serials Group)が行っているwebinarを受講したので記録を兼ねて。www.uksg.org UKSG webinar: COUNTER for Librarians with Anna Franca, King's College London and Lorraine Estelle, COUNTER from UKSG: connecting the knowledge co…

『情報の評価とコレクション形成』(わかる!図書館情報学シリーズ第二巻)

長いタイトルになってしまったが、最近よんだ1冊。情報の評価とコレクション形成 (わかる! 図書館情報学シリーズ 2)作者: 日本図書館情報学会研究委員会出版社/メーカー: 勉誠出版発売日: 2015/10/20メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (…

「カリキュラムのキーワードを利用した分野別選書基準について―亜細亜大学図書館の試み」(人文会News No.121より)

ci.nii.ac.jp半年前のものだけど、最近、紹介していただいて読んだもの。本文は公開されている。人文会ニュース 121号 | 人文会公式サイト著者の大石さんは、1996年に選書委員会に関わるようになり、1999年に教員からされた「選ぶ際のキーワードを教えて下さ…

情報組織化研究グループ月例研究会「東アジア地域における書誌コントロールの動向に関する国際フォーラム」

日時:2016年1月9日(土) 発表者: 夏 翠娟 氏(中国・上海図書館システム・ネットワークセンター) 「中国における書誌コントロールの現状:特にBIBFRAMEとLODに注目して」朴 志英 氏(韓国・漢城大学知識情報学部) 「韓国における書誌コントロールの動向…

「オープンアクセス,インパクトファクター,XML-Nagoya J Med Sci編集の現場から-」(『情報の科学と技術』65(8)より)

読んでみて面白かったので簡単にメモしておく。 蒲生英博「オープンアクセス,インパクトファクター,XML-Nagoya J Med Sci編集の現場から-」『情報の科学と技術』65(8) 2015. 08 特集= ISOと標準化 | 情報科学技術協会 INFOSTA 名古屋大学の医学分館に…

第11回レファレンス協同データベース事業フォーラム つながる図書館の情報サービス:「調べる方法」の公共性 #crdf2015

第11回レファレンス協同データベース事業フォーラム つながる図書館の情報サービス:「調べる方法」の公共性 日時:平成27年2月19日(木)14:00~17:30 会場:国立国会図書館 関西館 第1部 提言「つながる図書館の情報サービス」 「図書館における情報発信…

『未来の図書館、はじめませんか?』刊行記念&書肆スウィートヒアアフター開店記念 「図書館×書店」の未来を探る著者トーク

日時:2014年12月14日(日) 場所:書肆スウィートヒアアフター 登壇:岡本真さん、宮崎勝歓さん、井上昌彦さん(聞き手) 『未来の図書館、はじめませんか?』刊行記念&書肆スウィートヒアアフター開店記念 「図書館×書店」の未来を探る著者トーク | Faceb…

第2回マイクロ・ライブラリーサミット2014(大阪二日目)

8月30日(土)10:00~20:30(9:30受付開始) 場所:まちライブラリー@大阪府立大学 リマークス 10:00~ マイクロ・ライブラリーの世界へようこそ 1時間目 10:30~ 「商業施設・商店街にあるマイクロ・ライブラリー」 ・JAMES T…

学位論文の利用に関するメモ

暫定版につき随時更新予定図書館における学位論文の利用案内について、各大学で異なる部分があること、また、学位規則の一部改正によって、従来の印刷公表に代えて、インターネットを利用して公表することとなったことで、各大学図書館でどのようにナビゲー…

情報組織化研究グループ6月例研究会「デジタル化資料のデータベース(NDL,HathiTrust等)と連携した検索環境整備」

日時:2014年6月14日(土) 14:30~17:00 会場:大阪学院大学 発表者:大西賢人氏(京都大学附属図書館)、鳥谷和世氏(神戸大学附属図書館)、柴田育子氏(一橋大学附属図書館) 国立情報学研究所教育研修事業 平成25年度学術情報システム総合ワークショップ…

『資料検索入門』を読んで

資料検索入門 ― レポート・論文を書くために (アカデミック・スキルズ)作者: 市古みどり,上岡真紀子,保坂睦出版社/メーカー: 慶應義塾大学出版会発売日: 2014/01/25メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る今年の1月に刊行されたものですが、最…

眉丈文庫に行ってきた@富山県高岡市+私立図書館について

少し前になりますが、富山県高岡市にある私立図書館「眉丈文庫」を訪れる機会がありました。 財団法人 眉丈文庫 - 類縁機関名簿詳細 asahi.com(朝日新聞社):80年続く「私立」図書館 財政難でも「守り抜く」 - ひと・流行・話題 - BOOK昭和2年10月…

第8回学術情報ソリューションセミナー2012 in 大阪「進化する学術情報サービスと高まる図書館の役割」

※2012/6/24 一部修正しました。 日時:2012年6月22日(金)9:30-17:00 場所:ブリーゼタワー小ホール 【事例報告】「図書館留学:教職協働の学習⽀援への取り組み〜語学⼒の向上に向けて〜」神戸学院大学図書館 小畑 佳弘氏 【出版社トピックス】ProQuest 日本…

個人的メモ:Periodicals Price Survey 2012

4/30付けで「Periodicals Price Survey 2012」が公開された。Coping with the Terrible Twins | Periodicals Price Survey 2012 http://lj.libraryjournal.com/2012/04/funding/coping-with-the-terrible-twins-periodicals-price-survey-2012/Library Journ…

『町家で京都の図書館を考えるサミット』 with カーリル

このようなイベントに行ってきました。 『町家で京都の図書館を考えるサミット』 with カーリル 日時 7月9日(土) 15時30分〜(15時開場) 場所 京都リサーチパーク町家スタジオ(Nota Inc 京都オフィス)普段、図書館とカーリルを使っている方が集まって、図…

情報組織化研究グループ4月月例会「Dulbin Coreのこころ」

日時:2011年4月16日 14:30-17:00 タイトル:Dublin Coreのこころ 講演者:杉本重雄氏*1(筑波大学・図書館情報メディア研究科) URL:http://www.tezuka-gu.ac.jp/public/seiken/meeting/2011/201104.html 目次: はじめに メタデータとは メタデータを必要と…

情報組織化研究グループ「東アジアの目録規則」

日時:2011年1月8日(土)10:20-17:00 場所:キャンパスポート大阪 講演者:李常慶氏(中国・北京大学信息管理系)、崔錫斗氏(韓国・漢城大学知識情報学部)、渡邊隆弘氏(帝塚山学院大学人間学部) 概要:中国・韓国・日本の3国は、それぞれ独自の目録規則の伝統…

#kulifoを追って

このようなイベントに参加してきました。 ku-librarians vs Lifo 日時:2010年12月11日(土)-12日(日) 場所:京都 内容:"vs""night""tour" 当日の概要: Togetterまとめ - 「ku-librarians vs Lifo」 http://togetter.com/li/77784 参考URL: 「ku-librarian…

『図書館を演出する』出版記念イベント

先日。『図書館を演出する 今、求められるアイデアと実践』という本がメディアランドより出版されました。図書館を演出する―今、求められるアイデアと実践作者: 尼川ゆら,尼川洋子,多賀谷津也子,丸本郁子出版社/メーカー: 人と情報を結ぶWEプロデュース発売…

講演会「電子図書館の可能性」

日時:2010年7月16日(金)13:00-16:00 場所:国立国会図書館 関西館 地下1階 大会議室 プログラム: 講演 「理想の電子図書館へ向けて」 長尾 真氏 (国立国会図書館長) 報告 「国立国会図書館の電子図書館の現在」 大場 利康氏 (国立国会図書館関西館電子図…

大学図書館問題研究会 京都支部 ワンディセミナー

日時:2010年03月22日(月)13:30-16:40 場所:京都市国際交流会館(3階)第3・4会議室 主催:大学図書館問題研究会 京都支部 タイトル:「サービス向上・業務効率化に使えるアプリを企画し試行提供する」前田朗氏(東京大学社会科学研究所図書室) 大学図書館問題…

新しい時代の図書館研究会第4回研究交流会.

新図書館ラボが主催された、新しい時代の図書館研究会第4回研究交流会*1へ参加するために、奈良県立図書情報館へ行ってきました。下の写真は当日、図書情報館を撮影したものです。 近鉄大宮駅からバスで10分程度のところ、住宅街の中にパッと広がった場所に…

第118回 ku-librarians 勉強会:ERMSを中心とした電子リソース管理/アクセス環境の整備

京都大学附属図書館の図書系職員勉強会である、ku-librarians勉強会におじゃましてきました。 ブルーグラスの学生さんに道を教えていただきつつ、参加することができました。以下、まとめと感想などを。 第118回 ku-librarians 勉強会 タイトル: 「電子リソ…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ11月例研究会

情報組織化研究グループ11月例会に参加してきました。 今回は「著作」というテーマに関わる理論の紹介、そこから行われた調査について、宮田洋輔氏に発表していただきました。 以下、メモおよびまとめ記事になります。不足/間違いなどコメントいただければ幸…

Future Librarian 全国図書館大会U40プレミアセッション@大阪会場

今も二次会などが全国12か所で行われていることでしょうか。いや、個人開催をあわせたら、数え切れないほどの場所数になるでしょう。 Future Librarian 全国図書館大会U40プレミアセッションの大阪会場に参加してきました。 このU40プレミアセッションは、全…

Future Librarian 全国図書館大会U40プレミアセッションへ

巷で話題のU40プレミアセッションの宣伝をさせていただきます。 だいぶ遅いのですが、話題に乗り遅れるのはいつものことです。今回は大阪会場をご紹介します。 【開催日時】 2009年10月29日(木)午後7時〜午後9時 【開催場所】 オンジャバコンチェ(ベトナム…

EAD, EAC, EAG そしてDACS

情報組織化研究グループの10月月例会に行ってきました。 今回はアーカイブズの世界の記述規則についてのお話を聞いてきました。以下、聞き取れた/理解できた範囲の記録を。 日時:2009/10/17 場所:大阪市立浪速人権文化センター テーマ:EAD,EAC,EAG,そして…

360 Resource Manager(電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験 平成20年度報告書より―その2) 

NIIにより、(かなり)前に発表された「[電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験 平成20年度報告書」について興味の赴くまま読み進め、途中でほっておいていたのを回収いたします。(FRBRも残っているのは気のせいではありません。)

Future Librarian 全国図書館大会U40プレミアセッションへ

巷で話題のU40プレミアセッションの宣伝をさせていただきます。 だいぶ遅いのですが、話題に乗り遅れるのはいつものことです。今回は大阪会場をご紹介します。 【開催日時】 2009年10月29日(木)午後7時〜午後9時 【開催場所】 オンジャバコンチェ(ベトナム…

第3回Lifo関西遠足

第三回Lifo関西遠足として、大阪府立中央図書館を見学させていただきました。 より大きな地図で 大阪府立中央図書館 を表示 最寄り駅の荒本駅(近鉄けいはんな線)を出るとすぐ、日本語・英語・中国語・ハングルで書かれた看板が目にとまります。そして、点…

金沢市立図書館×2

その1金沢市立玉川図書館 メイン通りを少し入ったところにあります。入口にはテラスになっていていて、本を読んでいるかたが何人かいらっしゃいました。 建物は2階建てになっており、1階が一般図書、雑誌・新聞、ユースライブラリーコーナー、2階が喫茶…

ERMS Verde(Ex Libris社)の特徴を拾ってみました(電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験 平成20年度報告書より―その1)

電子情報資源管理システム(ERMS)実証実験 平成20年度報告書が公開されました。(修正版は6/29に公開済み) 同報告書は。19年度版もありますので、そちらから読んだ方が筋ですが、ここは20年度からいきます。 今回の実証実験では、Ex Libris社のVerdeおよびSeri…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ7月月例会

日時:7月18日(土)@大阪科学技術センター 発表者:清田陽司氏(東京大学情報基盤センター) タイトル:図書館分類体系とWikipediaを統合した情報探索支援システムの開発 情報知識学会との共催の研究会に参加してきました。 Littel Navigatorとは? 図書館…

神戸芸術工科大学図書館に

行ってきました。 新図書館ラボ(新しい時代の図書館研究会)の中の人のご好意で、芸術工科大学の図書館にお邪魔させていただきました。 三宮から地下鉄で23分、緑多い学園都市に立地しています。 創立20年目を迎えた大学だそうですが、あまり古さを感じさせな…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ5月月例会

6月6日(土)@大阪市立難波市民学習センター 第4研修室 発表者:和中幹雄氏 「書誌データかメタデータか―図書館目録についての意味論的な一考察―」というタイトルで発表していただきました。 本日のテーマ メタデータの定義 Bibliographicという語の「意味」…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ月例会3月例会

4月18日@大阪市立浪速人権文化センター 発表者:渡邊隆弘氏(帝塚山学院大学) 2009年2月に発表されたIFLA「国際目録原則」*1ついて、発表していただきました。 はじめに 策定の経緯 概要と構成 内容:逐次的議論 適用範囲 一般原則 実体、属性および関連 …

このごろメモ

図書館系のブログを拝見していると、メモとして気になることなどをピックアップされている記事を、よくお見かけします。こういうのは図書館ニュースとしてありがたいです。NDLのカレントアウェアネスなど組織で行っているものもありますが、個人のソーシャル…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ月例研究会3月例会

3月14日@大阪樟蔭女子大学 発表者:菅野育子氏(愛知淑徳大学)EUにおけるMLA(博物館、図書館、文書館)連携を2009年2月にバージョン1が発表されたEuropeanaを中心に、最新の事例を報告していただきました。 欧州における図書館・文書館・博物館連携の最新…

FRBRって何を決めているのだろう?その2―実体編

前回に引き続きまして、FRBRについてのまとめです。 いろいろな文献を読んでいくと、邦訳として「実体」や「属性」などがたくさん出てきて、思わず「スピノザかい!」と突っ込みたくなりますね。 それはさておき。

記録を残す―安田 聡氏「レファレンスサービス12年間の軌跡―豊田市中央図書館での経験から」を読んで

先週の日記にもありましたが、日本図書館研究会の奨励賞を受賞された安田聡さんのスピーチが印象的で、読んでみました。実はそれだけではない発見もありましたが、とりあえず雑感を。レファレンスという理論と現実での実際の間にある種の乖離が存在する分野*…

日本図書館研究会 第50回研究大会

2009年2月22日(日)〜23日(月)@神戸山手大学・神戸山手短期大学 22日のみの参加してきました。「図書館だ!」という図書館のど真ん中のイベントに今まで参加したことがなかったので、いろいろな図書館、特に事情に疎い、公共図書館やレファレンスのお話を聞…

FRBRって何を決めているのだろう?その1―ざっくり編

目録の話を聞く機会にここ最近、恵まれているのですが、その中で「FRBR化」が周知の事実として議論が進められていて、言いようのない焦りを感じる次第でした。 そして今回、調べてみてこの「FRBR」というものは10年以上前に発表されていることを知り、焦りで…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ月例研究会1月例会

1/31@大阪市立浪速人権文化センター …遅いですが、情報組織化研究グループ1月例会に行ってきました。 医学生物分野におけるテキストマイニング技術の展望 発表者:小池麻子氏(日立製作所中央研究所)日立中央研究所の紹介 テキストマイニングの必要性 連想…

次世代OPACってどんなものだろう?その2―(続)実際にアクセスしてみた

昨日の続きです。引き続き、久保山健氏の「次世代OPAC(Next Generation OPAC)導入事例リンク集」を参考にいたします。 Endeca ProFind(Endeca社) 導入例にはNCSU Libraries、Duke University LibraryやFlorida State University Libraryなどがありました。 …

次世代OPACってどんなものだろう?その2―実際にアクセスしてみた

この何日か、次世代OPACについての論文をぱらぱらと読んでいるといわゆる「次世代OPAC」の特徴を備えたOPACをいろいろなものがあるのね、とあらためて思いました。 ベンダーのパッケージシステムからオープンソースから「次世代OPACをめぐってみよう」とたっ…

次世代OPACってどんなものだろう?その1―次世代OPACの特徴ざっくり

「次世代OPAC」…って何だろう? という今更感が漂う話題に着手します。まず「次世代OPAC」という言葉ですが、これはなんとも定義のしにくい(できない)言葉であるといえましょう。OPACの研究、開発、利用促進が同時に進められているというのが今の現状だと思…

日本図書館研究会 情報組織化研究グループ月例研究会12月例会

に行ってきました。 昨年の話ですか、そうですよ!そもそも昨年にパソコンのHDDがダメになってしまい、それまで書き留めていた月例会やらなんやらの情報がすべてダメになったことがきっかけで、ブログを始めようと思ったわけなのです。 そういうわけで、日々…